仕事の悩み・人間関係【会社のお局様と直接対決!】あなたならどう解決する? - peacefull world

人々が抱える多くの悩み・生き方を科学・心理・スピリチュアル・ヴィーガン・動物愛護・環境・健康・世界平和の視点から考えます

peacefull world

転職

仕事の悩み・人間関係【会社のお局様と直接対決!】あなたならどう解決する?

更新日:

 

私が尊敬する漫画の主人公「田中麻理鈴」

「落ちこぼれ」の彼女が大企業「近江物産」で「出世」を目指し奮闘するオフィスストーリー。

 

彼女のパワーとひたむきな明るさから、「会社での悩み」を照らし合わせて学んでいきます。

 

 

お局様を怒らせてしまった!

 

仕事の企画テーマ「結婚」についての本音を調査するため、女性社員を集め会社で「お茶会」を開いた麻理鈴。

しかしいつの間にかお局・相馬さんの悪口大会が始まり、遅れてきた相馬さんに聞かれてしまう。

 

板倉さんは帰国子女でちょっと空気が読めません(笑)

 

「あなたは仕事と称して私の陰口を叩くつもりだったのね」と麻理鈴のせいにする相馬さん。

麻理鈴は何も言ってないのに・・・こんな時女性は気に入らない人間に罪を着せる人多いですよね。

 

この最悪の展開に、なんとか誤解を解きたい麻理鈴。

さて、あなたならこんな時どうしますか?

まずは考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、漫画から解決法を学んでみましょう。

 

① お局様と食事をしてみる

 

「なんで好きでもない人と食事なんかしなきゃいけないの、美味しい料理がまずく感じるわ!」と思う人も多いでしょう(笑)

 

 

しかし誤解を解くにはお局様と話す時間を作ることが必要。

そして、食事を一緒に取ることは心理的にもとても有効なんです。

 

食事をしている時、人間は心理的にリラックスしている状態。

心を開きやすい状態にあるとも言えます。

なので普通に話をするよりも本当の胸の内などお互いをさらけ出せる状態が作れるのです。

 

お局様の本音を聞きながらお互いの気持ちを語り合えば、悪化してしまった関係も修復できるかもしれません。

 

 

食事をしていても皮肉たっぷりな相馬さん。しかし話していく中で、麻理鈴の言葉に自分にはないものを感じます。

 

前向きなメンタルは自分も相手も救う

「女は出世なんてできない」

現実を突きつけられ、会社に失望しひねくれていた相馬さんにとって、

「会社が楽しい」

と言う麻理鈴の言葉は何より心に突き刺さったようです。

 

「会社が楽しい」なんて思う人の方が少ない世の中。

・たとえだめでもがんばると気持ちがいい

・出世するかもしれない

・失敗が多くても会社に行くのが楽しくなる

 

こんな風に前向きに考えられるようになれば、お局様との関係なんて気にならなくなりそうですね。

自分のメンタルを育てることも大事です。

 

 

 

 

そしてさらに踏み込んでみるのも手です。

② お局様のプライベートを知る

天敵である麻理鈴をなぜか自宅に招き入れたお局・相馬さん。

あなたはこのシーンを見て何を思いましたか?

 

一般的には

「気の利く優しそうなお嫁さん」

「家事もがんばっていてえらいなぁ」

「おなかに赤ちゃんもいて幸せそう」

「小姑の相馬さんにいじめられてないといいなw」

なんて印象ですよね。

 

 

しかし、お局・相馬さんにはこう見えていたようです。

お局様は何でも「いやみ」に変換する

さきほどの優しいお嫁さんの言葉は、ひねくれた人間にとっては

「いやみ」

「皮肉」

「自分をやっかい者だと思っている」

と変換されるようです(笑)

 

怖ろしいですが、会社でもありますよね。

こちらは「親切」で言った言葉でも、相手の状況や精神状態によっては「イヤミ」に捉えられてしまう。

 

この辺はもうどうしようもないところもあります。

自分が悪いのではなく、相手が勝手に悪くとらえたのですから。

言ってしまえば相手の心の問題であって、自分が気にする必要はありません。

 

しかしこんな風に相手のプライベートを知ったり、胸の内を知ることが出来れば、不用意に相手を傷つける言葉を避けることができます。

どんなに嫌いな人であったとしても、「相手を知る」ことは人間関係を円滑に進めるために重要なことなのです。

 

 

 

③ いつでもひたむきに、前向きに!

いつでもひたむきで前向きな発言をする麻理鈴。

ひねくれていた相馬さんの心は彼女の真っ直ぐな心に揺り動かされていきます。

 

 

 

ついに企画テーマである「結婚」についてのレポートが完成した麻理鈴。

相馬さんのおかげでアイデアをひらめいたと、お礼に食事をおごりたいと誘い出します。

麻理鈴が選んだのはお世辞にもキレイとは言えない小さなラーメン屋さん。

いつもの相馬さんなら一言いやみが飛んできてもおかしくありませんが、何か様子が違います。

 

高くてオシャレなお店でステイタスを感じ、会社で昇進ができないことをひねくれることで正当化していた自分。

日常の何気ない出来事にも幸せを感じ、会社で失敗しても明るく前向きに考え、仕事が楽しいと言う麻理鈴。

 

自分と正反対の麻理鈴に忘れていたことを教えられた相馬さん。

 

いつでも明るく、ひたむきで前向き、そんな人間力は仕事をする上でも数々の困難も乗り越えて行ける力を持っています。

そんな力をつけていけたら、毎日が楽しくて仕方がないと思えるかもしれませんね。

 

 


悪女(わる)(15) (BE・LOVEコミックス)

 


悪女(ワル) 全37巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

 



在宅でライティングのお仕事なら【サグーワークス】

 

-転職
-, ,

Copyright© peacefull world , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.